-

クレジットを契約失効ということ自体は呆気にとられるほど簡便な作業なのですが、使用取りやめにするをする上で知っておきたい何個かの注意点なども忘れないでおくと、クレカの機能停止の作業を少しの手間で終わらせることが出来るようになるに違いありません。箇条書きにしてみたためぜひとも参考にして頂ければ幸いです。クレカ発行後特別の事情無く即無効化するという行為はやってはいけない:クレジット加入したのち間髪入れずクレカを解約を行った場合ブラックリストに入れるべき人物などというようにクレジットカード会社にの評価において登録される予期せぬことがある(あくまで度々登録→機能停止という作業を繰り返したようなとき)。特に加入商品券プレゼントを狙った申請のとき、プリペイドカードあるいは各種特典といった契約時のボーナスを享受したので直ちに登録解除をしたいと思うようになってしまう思いもわかるけれども、クレジット会社サイドの観点を基準にして考えれば相手のことを考えない利用者においてはもう社の用意するクレジットをいいように利用されて迷惑をかけられたくないと言う風に利用者を切り捨てるという意思決定が下されても文句は言えません。仮に申請時の限定特典以外に魅力を感じずにクレジットカードなどを作成した場合でも、直ちに契約解除しないでとにかく180日、より安全を期すならば登録後365日所持しているクレカを有効にしてその後解約するというような工夫を推奨したいと思います。契約時の優待券に終わったことではなく、まずは作って財布に入れてはみたものの使いにくいから今すぐにでも使えなくしたい・・・などという時最低でも六ヶ月以上クレジットカードを保持続けておいてください。登録するサイドが思っているのとは裏腹にカードを事務作業等を含めて作る用のマージンというのはかかるものだと考えて、少しでもゆとりを与えてあげよう・・・というように少し気を遣って頂けるのなら良いのではないでしょうか